「記憶に宿る風景」展の案内文

僕の制作における基本的な流れは、始めにカオスを作り、そこから自然と浮かび上がってくる「何か」を描くというものでしたが、数年前からは新たに風景画にも挑戦するようになりました。


そこからは、現在暮らしているドイツの街並みを描いてきましたが、前回帰秋した際に、ふと、今度は僕の生まれ故郷であるこの街も描いてみたい、という強い衝動に駆られました。ただそれは、単に秋田の観光名所を、というのではなく、より自分にとって思い入れの深い場所、それは小学校の登下校の道であったり、友人とよく遊んだ場所だったりと、自分の記憶に宿っている、より個人的な風景を描きたい、と思いました。


ということで、今回は5月から8月半ばまでの間、秋田に滞在し、地元である下北手、手形地区周辺を散策しながら、当時の記憶を頼りに、強く心に残っている建物や風景をその場でスケッチし、それを元にキャンバス画を制作しました。


秋田では11年振りとなる本展示では、これらペン画13枚とキャンバス画8枚を皆さまにご覧いただきます。

最新記事

すべて表示

性格診断テスト

今回知人からの紹介で性格診断テストをやってみた。全てドイツ語なので、もしこれを読む人があり、その人がドイツ語に縁のない人だったら、これはとても読みづらいことと思う。一応ところどころ訳も合わせて書いているので、多少は読めるようになっているが、まあそもそもDIGに書くような、自分自身のために書いているものなので、その辺りはあまり気にせず載せておきます。 逆にドイツ語を嗜む方であれば、一度やってみること

焦りと苛立ちと

36歳になり、立ち止まってこれからの人生について考えてみる。 すると、これから5年、10年先も同じ仕事をしているのだろうか、 ベルリンで今のような生活を送っているのだろうか、と不安になる。 作品は良くなっているし、新しいことにも取り組んでいるが、 いかんせん歩みがゆっくりなので(ストイックになり切れていない面も大いにある)、 精神も弛緩しがちになるのだ。 そうこうしている内に僕も歳をとっていくし、

Biographie ver.2

Ich bin im Jahr 1980 in Akita im Norden von Japan geboren. Nach dem Ende der Schulzeit bin ich nach Ibaraki in die Nähe von Tokio gezogen und habe angefangen zu studieren. Ich habe mich als ein Schulk

© 2019 Tomohisa Ishizuka, all rights reserved.

  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
  • SoundCloud
  • Twitter
  • Blogger