当ての無い散歩、絵を描く事、生きる事

その時々で道を選ぶ。


自分の気に入った道、景色、匂いのする方へ。



その場所は最初から直ぐに見つかる訳ではない。


でも始めは面白くなくても、段々と見たことの無い景色が出てきて、


真直ぐの道の他にも無数の分岐点があることが分かってくる。


その中でピンと来た、体と心で反応した道を選ぶ。



しばらくすると古くて大きな風車小屋。



僕はドン・キホーテなのだろうか。



林の中に、誰もいない小さな小さな広場。


布を広げ、そこに寝転ぶ。


小さな虫が沢山寄ってくる。


鳥がチチチチと鳴いている。



いい場所を見つけた。



こうして散歩をしている。


こうして絵を描いている。


こうして人生を歩んでいる。



© 2019 Tomohisa Ishizuka, all rights reserved.

  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
  • SoundCloud
  • Twitter
  • Blogger