改めて、絵を描く事とは

確かなものなど何も無いこの世の中で、自分という存在、果てはこの世界を、


少しでも強く、少しでも確かなものとして感じたいと、僕は、僕の魂は欲している。


そして、人を愛すること、どこかへ旅をすること、


一枚の絵を描くことが、生に対して確かな実感を与えてくれる。



絵を描くことは、宇宙の始まりからバトンを受け継いだ自分という存在を、


混沌の世界から捉え、


えぐり出し、そして写し取る作業。



その存在を捉えるためにはしっかりとした目が必要だ。


まずは何よりも、見なければ。


そして、体と心で力いっぱい感じなければならない。


また、目を鋭くする、体と心を鋭くするためには


沢山の感動や苦しみを経験しなければならない。



そうやって、世界を感じ、自分の存在を感じて生きて行くために、絵を描く。


絵を描くことは、生きる事なんだ。



最新記事

すべて表示

性格診断テスト

今回知人からの紹介で性格診断テストをやってみた。全てドイツ語なので、もしこれを読む人があり、その人がドイツ語に縁のない人だったら、これはとても読みづらいことと思う。一応ところどころ訳も合わせて書いているので、多少は読めるようになっているが、まあそもそもDIGに書くような、自分自身のために書いているものなので、その辺りはあまり気にせず載せておきます。 逆にドイツ語を嗜む方であれば、一度やってみること

焦りと苛立ちと

36歳になり、立ち止まってこれからの人生について考えてみる。 すると、これから5年、10年先も同じ仕事をしているのだろうか、 ベルリンで今のような生活を送っているのだろうか、と不安になる。 作品は良くなっているし、新しいことにも取り組んでいるが、 いかんせん歩みがゆっくりなので(ストイックになり切れていない面も大いにある)、 精神も弛緩しがちになるのだ。 そうこうしている内に僕も歳をとっていくし、

2015年の総括

参ったな、2016年も明けてもう1ヶ月が経ったのに、まだ前年の総括をしているのか。いや、総括自体は終わったのだけど、それを言葉でまとめることができていないのだ。DIGが途中で尻すぼみになってしまった。言葉が途中で尽きてしまったのだ。 この1ヶ月の間にも、少しずつ新しい発見や目標が出てきているのに、DIGが終わらないと気持よく次に進めない。それでも、このままストレスばかりを溜めていってもよくはない。

© 2019 Tomohisa Ishizuka, all rights reserved.

  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
  • SoundCloud
  • Twitter
  • Blogger