焦りと苛立ちと

36歳になり、立ち止まってこれからの人生について考えてみる。

すると、これから5年、10年先も同じ仕事をしているのだろうか、 ベルリンで今のような生活を送っているのだろうか、と不安になる。

作品は良くなっているし、新しいことにも取り組んでいるが、 いかんせん歩みがゆっくりなので(ストイックになり切れていない面も大いにある)、 精神も弛緩しがちになるのだ。


そうこうしている内に僕も歳をとっていくし、周りも同様に歳をとっていく。

これは単に孤独から来るものかも知れないが、徐々に家族への憧れも大きくなってきた。


だが、今の生活のままで一体どうやって家庭を持てるというのだ?

せめて自分の力で生活ができるようにならないと。


富や名声にそこまでの執着はないが、

一人間、画家のはしくれとして、最低限の収入と誇りくらいは手にしたいものだ。



最新記事

すべて表示

性格診断テスト

今回知人からの紹介で性格診断テストをやってみた。全てドイツ語なので、もしこれを読む人があり、その人がドイツ語に縁のない人だったら、これはとても読みづらいことと思う。一応ところどころ訳も合わせて書いているので、多少は読めるようになっているが、まあそもそもDIGに書くような、自分自身のために書いているものなので、その辺りはあまり気にせず載せておきます。 逆にドイツ語を嗜む方であれば、一度やってみること

2015年の総括

参ったな、2016年も明けてもう1ヶ月が経ったのに、まだ前年の総括をしているのか。いや、総括自体は終わったのだけど、それを言葉でまとめることができていないのだ。DIGが途中で尻すぼみになってしまった。言葉が途中で尽きてしまったのだ。 この1ヶ月の間にも、少しずつ新しい発見や目標が出てきているのに、DIGが終わらないと気持よく次に進めない。それでも、このままストレスばかりを溜めていってもよくはない。

2014年のメモ

ここでは、2014年にメモ書きしたものの中から、特に心に残ったものを取り上げています。抜粋ということで、簡単にしかまとめておらず、分かりづらいところもあるかと思いますが、メモした時の臨場感を優先したということで、ご容赦ください。あくまでもメモ書きなのです。 ・歴史について 歴史は超越的視点から記述された「理想的年代記」ではない。 それは、人間によって語り継がれてきた、 無数の物語文から成るネットワ

© 2019 Tomohisa Ishizuka, all rights reserved.

  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
  • SoundCloud
  • Twitter
  • Blogger