焦りと苛立ちと

36歳になり、立ち止まってこれからの人生について考えてみる。

すると、これから5年、10年先も同じ仕事をしているのだろうか、 ベルリンで今のような生活を送っているのだろうか、と不安になる。

作品は良くなっているし、新しいことにも取り組んでいるが、 いかんせん歩みがゆっくりなので(ストイックになり切れていない面も大いにある)、 精神も弛緩しがちになるのだ。


そうこうしている内に僕も歳をとっていくし、周りも同様に歳をとっていく。

これは単に孤独から来るものかも知れないが、徐々に家族への憧れも大きくなってきた。


だが、今の生活のままで一体どうやって家庭を持てるというのだ?

せめて自分の力で生活ができるようにならないと。


富や名声にそこまでの執着はないが、

一人間、画家のはしくれとして、最低限の収入と誇りくらいは手にしたいものだ。



© 2019 Tomohisa Ishizuka, all rights reserved.

  • Instagram
  • Facebook
  • YouTube
  • SoundCloud
  • Twitter
  • Blogger